カウンセリングの流れ・手法

カウンセリングは、おひとりおひとりに合わせて進めてまいりますので、決められた手順や回数に当てはめることなく、ご相談しながら組み立てていきます。

 

基本的な流れのイメージは以下となりますが、すべての方にあてはまるわけではありませんので、参考例としてご覧ください。

(一回の面談で、ご自身のなかで整理され、スッキリする方もいらっしゃいます)

 

 

 

 

 

 

相談者様が抱えていらっしゃること、主なお困り事を伺います。

相談者様が目指す姿、目標を一緒に確認させていただき、

その後の方針、進め方を決めます。

 

 

目指す姿、目標に近づいていけるよう、一緒に考えていきます。

 

心の奥底で抱いていらっしゃる感情や考え方のパターンなどを紐解きながら、必要に応じて見直していきます。

 

相談者様のお気持ちや行動の変化を共有させていただきたいので、1週間~1ヶ月間くらいの間隔でお話したいですが、

面談の回数や頻度は相談者様にお決めいただきます。

 

 

  

相談者様が「もう充分である」とご自身で判断された時点で、終了となります。


上記のアプローチのために、必要と判断させていただいた場合、各種療法を1つ、ないしは複数組み合わせて行っていく場合があります。

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

 

 

【主な手法】

来談者中心療法/認知行動療法/論理療法/アサーション・トレーニング/ブリーフセラピー(短期療法)/心理コミュニケ―ティング/自動心理療法

臨床心理カウンセラー 

伊藤由美子(いとうゆみこ)

 

日本臨床心理カウンセリング協会認定 

臨床心理カウンセラー

臨床心理療法士

NPO法人 こころ-factory所属カウンセラー

 

カウンセリングルーム『ケア&キュア』代表

 

 

悩み相談SOSの優良カウンセラー

お問い合わせ、ご予約はこちらへ

 

TEL: 050-3563-8200

MAIL: info@careandcure.jp